WEB制作の副業と動画編集はどちらがおすすめ?

WEB制作の副業と、動画編集の副業はどちらがおすすめなのでしょうか?
それぞれ、似た所はありますが、それぞれの副業のメリットについて、比較して解説していきたいと思います。

まず、WEB制作の副業からです。
WEB制作の副業にはいくつか大きなメリットがあります。
まず、「高収入が見込める事」です。
一つのホームページを作るだけで、10万とか20万とかって金額を稼げるのです。
これは完全に個人が出来る事で、WEB制作の技術があるほどであれば、容易に出来るような案件も多いです。
なので、技術を身に着けてさえしまえば、かなり安定的に稼げる副業と言えます。

また、先に書いた通りで、「安定している」というのもあります。
WEBの需要は今後ますます拡大していく事が予想されますので、これからしばらくの間は稼ぎ続ける事が出来るかと思います。

次に、動画編集の副業についてです。
こちらも、いくつかメリットがあります。
まず、「案件の獲得がしやすい」という点です。
実際にクラウドソーシング等のサイトを見れば分かりやすいのですが、動画編集の副業は、非常に案件の獲得がしやすい事が挙げられます。
提案数が少ない事がおわかりいただけるでしょうか?
動画編集は、比較的案件の獲得が容易で、「お金を稼ぐ」という感覚を得られやすいと言えます。

また、「技術の習得が容易」という点も挙げられます。
動画編集の必要とされる技術は、実際そこまで高度ではなく、短い学習時間で技術を習得する事が可能です。
もちろん、高度な技術を習得する場合は時間がかかりますが、副業としてはそこまで高度な技術は必要ありません。

では、WEB制作の副業と動画編集の副業はどちらがおすすめなのでしょうか?
まず、どちらも一長一短である事を前置きとしてさせていただきます。
まず、WEB制作の副業ですが、一度技術を習得できれば安定的に稼げる一方で、競争率が動画編集に比べると高く、必要とされる技術が高度です。

そのため、本業と片手間にやる場合は、勉強時間に半年程度は割かなくてはいけません。
一方で、動画編集の副業は、技術の習得が容易である一方で、競争率が低く、案件の獲得がしやすいです。
ですが、稼げる金額は、WEB制作よりは劣ってしまいます。

「すぐにでも収入を上げたい」という方であれば、動画編集の方がおすすめです。
しかしながら、「時間はかかってもいいから高収入な副業をやりたい」という方は、動画編集よりもWEB制作の方が向いていると思います。

どちらの副業も魅力的なものなので、ぜひ取り組んでみてほしいと思います。

SNSでもご購読できます。